読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みそじ喪女、ちゅん坊がゆく

年齢=彼氏おらんわ!!!な喪女が、頭パーンして人生について色々はっちゃけるブログ

喪女だから、1人でドイツにいってみた(計画編)

人間、誰しも転機というのは訪れると思う。

私の場合は、三十路になった瞬間に気がついたのだ。

 

私、石橋を叩いて壊すタイプだ( ^o^ )✩

 

f:id:cyunbou:20150611104308j:plain

 

つまり、どういうことかというと、何か行動を起こす時に色々考え、あるとあらゆる事態を想定し、大抵マイナスなイメージを抱き、結果何もせずに部屋の隅で膝を抱えて終えるという思考パターンである。

 

とにかく、私はチキンなのだ。

考えすぎて何もできなくなるのだ。

 

人間は考える葦である、と言う言葉があるが、比喩でもなんでもなく、その通り、考えすぎてその場から一歩も動かない草が私である。

 

ゆえに、人生において海外旅行などしたこともなかった。

何となく憧れはあるものの、もしも海外でパスポートを盗まれて帰国できなかったら!!

犯罪に巻き込まれてしまったら!!

などと、想像して、やだ怖い!しぬ!殺される!!!となる。

結果として海外旅行に縁がないまま三十路になった。

 

そうして、あるとき、ふと思ったのだ。

 

 

そうだ、1人で海外旅行しようと。

 

 

散々心配性のくせに、何故か三十路になった瞬間に頭がパーンしたのだ。

 

我ながらゼロか百かの大転換すぎて呆れる。

ここは普通は彼氏と海外旅行だとか、友人と海外旅行だとかいう選択が間に入るべきであったが、喪女たる私は御多分に洩れず、同行してくれる彼氏なんぞ、おらん。

 

というわけで、1人で海外旅行しようという事になったのだ。

 

しかし、私は英語なんざ喋れない。アイハブアペン、をアイアムアペンというレベルの英語知識しかない。

そんなダメ喪女が、1人で海外旅行なんざしたら、途端に地球の裏側で干からびてミイラになるに決まってる。

ならば、最初は上げ膳据え膳のツアーが良かろうという事になった。

 

しかし、ここで再び私の中のチキンが顔をあらわす。

 

知り合いだらけのツアーに、ぼっち参加とか痛くない??

 

 

と言うわけだ。

ならば、1人で個人手配して旅行にいくしかないのか?

 

英語も喋れないのに?

その想像をするだけでかなりテンションが下がったが、試しにGoogleで、1人 海外旅行などのキーワードで検索してみた。

 

ヒットするのは様々な一人旅体験記だ。

読んでみたら昔からバックパッカーとして世界を練り歩く猛者であったり、初めてですぅと言いながらも、何となくこの人語学堪能そうだなぁという人の体験記ばかりだ。

 

「やはり、一人旅は語学堪能な人の特権なのだろうか」

 

そう思った時に目に付いたのだ。

 

クラブツーリズム のお一人様海外ツアーというものに。

 

クラブツーリズム というツアー会社は正直初めて名前を知った。

私としては、何時もスーパーひとし君とタッグを組んでるJTBと、新卒採用で落とされたHISぐらいしか知らなかった。

何となくちゃんとした旅行会社なのか心配しつつも、サイトを閲覧してみると、なんという事でしょう!

1人参加限定の、ツアーがいっぱいあるではないですか!!

カレンダーをみるかぎり、ヨーロッパからアジアまで、それぞれ一人旅同士を集めてツアーガイドが案内する旅行企画が様々ある。

 

若干割高な印象はあるが、一人旅したいけど語学が不安だし、だけど普通のツアーに参加したらみんなお友達とかカップルだらけで、私だけボッチ参加とかなんか気がおもいわぁ、というチキンな私の心理を見事にドツボついたツアーなのだ!!!

 

そうなのである、一般的なイメージとして、1人で海外旅行いくんだーというようなタイプは、自立心旺盛で、かつ自分に自信があってアクティブな人間を想像するだろう。

 

ゆえに、海外だろうがバリバリコミュニケーションがとれて、英語が苦手でも辞書片手に、ボディランゲージで乗り切るような強い精神の人間のように思える。

 

だが、ここにも居るのだ!

 

喪女ゆえに、同行者がいないが!!

でも、海外に行きたいチキンが!!!!

 

 

このような、ニッチそうに思える繊細チキンな人間層を見事にターゲティングしたクラブツーリズム に私は感謝したい。

 

というわけで早速スケジュールをみてみる。

私は御多分に洩れず社畜というやつだが、今の会社は社長が海外旅行好きで、そういう理由の有給は何故か取りやすい空気がある。

 

そこで目をつけたのが、9月のシルバーウィークだ。有給を2日つなげれば、かなりの連休になる。

ここでやっているツアーは無いだろうか調べたら、中国旅行と、トルコ旅行とドイツ旅行がヒットした。

ドイツ旅行は45万ぐらいするが、ライン川をくだり、フランクフルトからミュンヘンまで横断し、ロマンチック街道を通り、あの有名な白鳥城を見学できるオーソドックスなプランだった。

その上、当時激はまりしてた進撃の巨人って舞台ドイツじゃね?

もしかして、時間あったら噂の城塞都市みれんじゃね??

とオタクセンサーが働いた結果、ドイツ旅行に決定したのだ。

 

 

その瞬間、普段の私であれば、やっぱ海外旅行怖い、やーめた!

となるが、この時ばかりは、このままでは、一生海外旅行にいけんぞ!外の世界を見ずに、このまま家畜のように死ぬのか!!

俺は、外に出たいんだぁぁ!!!

 

みたいなテンションになって、気がつけばポチッと申し込みに応募していた。しかも、その場で、自分を追い込むために入金まで済ます始末。

 

すべての申し込みが終わった瞬間、なんだか一つだけ世界が広がった気がした。

 

こうして、喪女が1人でドイツ旅行に行くことが決定したのである。

 

 

1人海外旅行ツアーが気になる方は→クラブツーリズム

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

広告を非表示にする
にほんブログ村 OL日記ブログ