読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みそじ喪女、ちゅん坊がゆく

年齢=彼氏おらんわ!!!な喪女が、頭パーンして人生について色々はっちゃけるブログ

ラスベガス3日目 カジノのテーブルゲーム体験をしてみる

さて、ラスベガスの乾燥した空気にも慣れてきた3日目である。 やはりベガスは日差しと乾燥がすごい。ハンドクリームをもってきていなかったせいで、 両手にめちゃくちゃ、ささくれができた。 シャワーも硬水のせいか、妙に肌が乾燥するので、 行く人はボディ…

2日目 アンテロープのその夜 カジノをぶらぶら

正直ラスベガスの本番は夜だと思う。 カジノがあるのでホテル周りはギラギラに明るいし、各ホテルへの移動はホテル間のトラムもあるし。 また23時以降も出歩いたとしても、観光客が沢山歩いているうえにあっちこっちポリスマンがいるのでアメリカの癖に超治…

ちゅん坊 アンテロープで地球の神秘を感じる

ラスベガス2日目は、ちょいと遠出して、ラスベガスからの日帰りツアーで アンテロープにいく事になっていた。 アンテロープというと、グランドキャニオンほどピンとこない人もいると思うが不思議な水が流れるような模様の壁?洞窟?のような写真を見た事はあ…

ちゅん坊 夜のラスベガスを歩く(1日目後半)

さて夜のラスベガスを堪能すべく、ラスベガスの夜歩きツアーに参加してみた。 これも日本からネットを通じて予約したツアーで、66$ほど。 大体日本円で7000円弱のツアーであるが、夜の数時間のツアーなのに割高かな?と思ったもののラスベガスのフリーモン…

喪女、ドイツ1日目を堪能する~リューデスハイム でライン下り

さて、久々の更新だが、ドイツ旅行記を続けてみる。 何とかタクシーで帰ってこれてほっと安堵し、その日はホテルでスヤスヤ就寝。 クラブツーリズム の1人旅ツアーでの一番の特色は、ズバリホテルの部屋を一人で使える事。 ツインのベッドルームも一人で使い…

ちゅん坊、ラスベガスでホテル見物してみる(1日目)

さて、気を取り直して11時から観光スタート。 モンテカルロのカジノエリアを抜けて、外に出た瞬間、 暑い・・・・!!!! なにせ8月31日、真夏である。 しかし日差しは強いものの、日本のような湿度はないため不快指数は非常に少ない。 だがこの手の気…

三十路喪女ちゅん坊、ラスベガス1日でしょっぱなからやらかす

随分更新月が空いておりましたが生きておりまする。 三十路喪女、ちゅん坊です\(^o^)/ ゴロゴロしてる間に、転職やらなんやかんややりつつ、31歳になってしまいました。。。。時が移ろうのは早いですな・・・残酷 さて、だいぶ過去のキヲクを手繰り寄せ…

喪女、ラスベガスに出立する

本日よりラスベガスに出立することになった喪女です、こんにちは。今回、搭乗するのは、ユナイテット航空で、サンフランシスコ経由でラスベガスに飛ぶことになりました。 うーん、初めて乗る航空会社で、少しだけ不安。勝手がわからないので余裕をもって行動…

喪女、ラスベガスのマイケルジャクソンワンのチケットを取る

さて、旅行日程がでたので、見に行きたいショーの予約をしようと思います。 シルクドソレイユ関係のショーは基本的に19時スタートのものと、21時スタートのものがあるようですが、今回は日本では絶対に見られないマイケルジャクソンワンというショーの19時ス…

喪女、一人でラスベガスにいく (準備編) ESTA申請してみる

さて、ラスベガス行きが決定したので事前準備を入念に行って行きたいと思います。 今回のツアーはJTB の、ツアーにしました。 JTB は高いイメージありましたが、フリープランなのでそんなに高くなかったです。17万ぐらい。 正直安すぎる旅行会社は不安しかな…

喪女、一人でラスベガスにいくことにしてみた

現在ニート真っ只中の喪女です、こんにちは! ドイツ旅行がものすごく記憶が彼方過ぎたのでなかなか進みません(; ^ω^) さて、現在私無職ニートなのですが、転職活動の目処がつきましたー ということで、ニート期間を活かして海外旅行いこっかなーと思い、…

みそじ喪女、今更ながらTOEICの勉強をする

こんにちはみそじ喪女ちゅん坊です。 ドイツ旅行記更新途中ですが、実はわたくし現在転職活動中でして。 まぁぶっちゃけ勤めていた会社が、アボーンしたんですヽ(;▽;)ノ つうことで会社都合の退職になりまして、転職活動始めたわけですがなんか、今更なが…

喪女、ドイツ地下鉄Uバーンに乗り、アップルワインを飲む

さて、ドイツに到着したのが18時ぐらいであるが、そのまま大型バスにのって直接ホテルまで誘導される。この際、バスは必ず一人で座れるようになっており、隣同士に知らない人が座るという事はない。 そのまま三十分ほどバスで移動してホテルに到着した時は…

喪女、身に覚えのないクレジット請求にちびり、消費者センターに泣きつくの巻

ドイツ旅行記の更新途中であるが、最近楽天トラベルで体験した半泣きエピソードを皆さんにもご紹介したい。 事の始まりは六月の頭だった。七月あたりで旅行いきたいなと思い立ち、とあるホテルを予約した。ANA系列のホテルであり、楽天の評価も高評価であっ…

喪女だから、ドイツにいってみた(機内を満喫)

さて、飛行機に搭乗である。今回乗った飛行機はJALで、ドイツ直行便。時間としては14時間ぐらいの搭乗時間になる。 今回クラブツーリズム にてツアーを申し込みしたので、隣に同じツアーの人が並んだら気まずいな・・・・と思っていたのだが事前にJAL会員な…

喪女だから、一人でドイツにいってみた(ツアー初日)

さて、ドイツ旅行初日であるが、前日まですっかり集合が成田空港だと思い込んでいたのだが、実は羽田だったことに気がつくアホ。 前日にクラツーの行表をしっかり読んでいたのにこのザマなので、旅行は本当に気を付けないといけない点が沢山である。 羽田の…

喪女だから、1人でドイツにいってみた(準備編)

さて、申し込みをしたのだが旅行はまだまだ先。 旅行のために必要なものを色々揃えなくてはと思い、準備を始めることにする。 一番重要なのはパスポートだが、これは幸い、一年前にすでに10年パスポートを申請作成していたのでパス。(どうせ結婚しないだろ…

喪女だから、1人でドイツにいってみた(計画編)

人間、誰しも転機というのは訪れると思う。 私の場合は、三十路になった瞬間に気がついたのだ。 私、石橋を叩いて壊すタイプだ( ^o^ )✩ つまり、どういうことかというと、何か行動を起こす時に色々考え、あるとあらゆる事態を想定し、大抵マイナスなイメージ…

喪女だから、対極の存在たるスイーツ女子を学んでみる

突然ではあるが、皆様に告白したい。 喪女である自分の脳内の中には、恋愛のレの字も入っていない。 脳内にある言葉をパーセンテージで分割すると、仕事30%、金20%、食30%、趣味20%である。 別にバリキャリではないので、仕事命ではない。 仕事は適当に…

喪女になった最大の理由は、「ヒトガコワイ」

さて、私は所謂ところのコミュ障に分類される人間だと思う。 コミュ障とは、コミュニケーションに難がある人間の総称だが、対人関係において問題を抱えていないヒトのほうが、少ないのかもしれないと最近は思い始めてきた。 さて、このコミュ障にも色々種類…

喪女、三十路になる

吾輩は喪女である。 名前はちゅん坊である。 彼氏など、この人生においてできたことがない、典型的なダメ女である。 痛々しい自己紹介から始まったが、まず自分のことについて皆様にご説明したい。 喪女とは、所謂ところのヲタク用語で、彼氏もおらず、リア…

にほんブログ村 OL日記ブログ